パパときどきナースマン~育休中~

育児・防災・ブログを主に

廃止が噂される、わくわくゲートは本当にいらないのか?育児・女性に優しい4つのメリット。

スポンサーリンク

二人目の妊娠を期に「ホンダ ステップワゴン」に乗り換えました。

ノートも10年使ったんで、ちょうど良かったんですよね。

それでもノートからのミニバンタイプ、大きい車は初めてだったので怖かったんですが、買って正解でした。

運転性能、加速、燃費、税金などなど私には合ってしるし、なにより他のミニバンには

ない「わくわくゲート」の使い勝手が良すぎる。

 

わくわくゲートのメリット

1.わくわくゲートの開口部の広さで生活はほぼ十分

わくわくゲートの開口部は縦約1200mm×横630mmあります(実測で)

f:id:ryuputti:20190526131931j:plain

 

ここから取り出せる物は
  • ベビーカー
  • 買い物かご
  • 旅行バック
  • 60Lのクーラーボックス
  • スキー、スノーボード
  • 自転車
  • 人の乗り降り

などなど

取り出せない物
  • ベッドマットレス
  • 車のタイヤ4本

我が家の生活ではこのくらしかテールゲートを全開する用事がありません。なのでほとんどテールゲートを全開することがありません。

2.テールゲートよりも短いので駐車場から出っ張らない

ステップワゴンのテールゲートの長さは1200mmと長め。

f:id:ryuputti:20190526130102j:plain

ノア・ボクシーは約1000mm

セレナは約1000mm

なので他の車よりは張り出しが広くなってしまいますが。

わくわくゲートの開口は3段階で最大で約850mmとなっているので、駐車するときに前に出っ張らない。

 

f:id:ryuputti:20190526130137j:plain

3.3列目に後ろから乗り込める

ステップワゴンの3列目シートに乗り込む際、2列目を前に出したり、倒したりという手間がかからず、わくわくゲートから乗り込めます。

家族で移動するときはこれが意外に楽なんです、小さい子どもが居るとその一手間がないことが本当に助かります。

スポンサーリンク  

4.わくわくゲートは簡単に開閉できる。

テールゲートと比べると開け閉めの労力は全く違います。

テールゲートは重さと高さがあるので、大変ですが。

わくわくゲートはただのドアですから、簡単です。

日々の使用頻度を考えると、女性にはかなり優しい作りだと思います。

スポンサーリンク  

わくわくゲートのデメリット

車両の重さが10Kg増えた

わくわくゲートの搭載で車両が重くなったようです。

10kgが燃費や強度にどう影響がでるのかが問題で、昨年はテールゲートが開かない、勝手に閉まるなどの不具合でリーコールがありました。

後ろが見にくい??

ネットではこういう意見がありますが、私は見にくく無いです。

カーナビのバックモニターもありますし、運転をしていればバックミラーで見える範囲で困ることなく運転できています。

 

まとめ

大きい物や積み込む物が多いときはほとんどなく、テールゲートの使用頻度、重さ、開口部の広さを考えても、わくわくゲートがあれば日常生活は十分な生活を送っています。

ステップワゴンは女性・育児に好相性のミニバンだと感じています。

ぜひ今後の参考にしてみてください。

そして10年乗った日産ノートは10万円の値がつきました、お店によっては5万と言われていたのでラッキーでした。

 

スポンサーリンク