パパときどきナースマン~育休中~

育児・防災・ブログを主に

パパでもできる、一歳赤ちゃんの寝かしつけ絵本「おじょらぽん」で子どもにおやすみの魔法

スポンサーリンク

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/01/20/11/11/baby-1151351__340.jpg

子どもの寝かしつけ、それは恐らくすべての親の悩み、苦しみ、せつなさ、そして寝落ちしてしまい、自分の時間がなくなるという苦行・・・。

その苦行から、少しでも解放されたい。

はやく寝てくれマイベイビーなそこのあなた。

「ラリホー」でも「スリプル」でもない、魔法の言葉を教えますよ。

 

 

おじょらぽんの魔法

静かに、やさしく、語りかけるように繰り返す言葉。

 

「おじょらぽん、おじょらぽん」

「ねんねんね」

 

いろんな動物、温かい絵、そして子どもの名前を呼びかけながら繰り返す。

そして、だんだんと動きが遅くなり、ふらふらとしてきて、ふわーっと夢の中にいく息子。

この本に出会い、子どもは20:30頃には寝てくれるようになりました。

 

この本をしてくれたのは家の近所にある、個人経営の絵本屋さん。

60代の男性で、絵本選びだけでなく、おもちゃ選びまで、まるで育児のスペシャリスト。時々絵本を買いに行っては、年齢にあった本を一緒に選んで貰っています。

先日、寝かしつけについて、相談したところこの本を紹介してくれたんです。

本当に感謝しています。

絵本をつかった寝かしつけのコツ

絵本をある程度決まった時間に読むことは、生活リズムを整え、寝るモードに子どもを向かわせることになります。

そして、絵本の読み方には少しコツがあります。

  • 部屋の灯りは、絵本の絵が見える程度まで暗くする。
  • スマートフォンの灯りを頼りにすると、ブルーライトの影響で寝てくれない。

電気スタンドもよくないです、ピンポイントを明るくするアイテムではなく、蛍光灯で調整しましょう。

  • 抑揚を付ける必要なし。

上手に、感情豊かに読もうとしすぎると、子どもも楽しくなって、よけいに目が覚めちょいます。

  • 親も眠い雰囲気をかもしだす。

たまにあくびをしたり、目をこすったり、「なんか眠くなってきたね」と声をかけたり、もう寝る時間、一緒に寝ようと伝えると、子どもも親の眠気につられてきます。

  • もし寝かかったら、一旦絵本をやめる

寝かしつけを続けることは本当にストレス。同じ方法を繰り返してもあまり意味はないし、こっちのイライラが子どもに伝わると寝てくれません。

 

www.fufudekosodate.work

 

 

みなさんは、どんな方法で寝かしつけをしていますか?

もし、寝かしつけで困っている人がいれば参考にしてください。