さっコソライフ

~札幌の子育て・おでかけ・お得情報~

2歳児の料理のお手伝い:子供と一緒にクッキー作り

スポンサーリンク

先日、パパが外出中で、もうすぐ2歳になる息子とだら~っと過ごしていて、そろそろおやつの時間だな~なんて考えてたらひらめいた!そうだ、息子とクッキー焼こう♪(笑)もともと料理は好きな方で、いつか台所に子供と立ちたいな~なんて思っていたけど、さてできるかな?ま、やってみようみたいなノリで始めました。

 

まずはクッキー生地作り。型抜きできるかな~どうかな~?と思い、型抜きクッキーのレシピを見て作りました。息子にボールの中を見せながら生地をまぜまぜ、こねこね、丸めてラップで包む。ここまでママがやりました。

さて!ここから!「生地をのばしてみよう~」と息子に声をかけると興味津々(笑)居間のテーブルに生地を置き、ママの座ってる前に息子を座らせ一緒に麺棒を持つ。支えてはあげたけど、ちゃーんと転がしてました。楽しくなったのか1人でさせて!って感じで麺棒奪われました。生地をたたくこともありましたが、笑顔でころころ、、、気に入ってくれたのかな?

 

 

いよいよ型抜き!ハートと丸の2つの型を一つずつやってみせました。すると、生地のど真ん中に丸!!(笑)わぁ~ど真ん中に型抜きしたよ~と思いました(笑)くりぬいたクッキーはママが天板に並べ、またくりぬいてもらう。5つくらいしてもらったかな?楽しそうでした。

一緒にオーブンの前へ行き、「さて、あむあむ焼くよ~」と伝えオーブンに入れると「あむあむ~(^^)」とにこにこしてました♪18分後、、、いいにおい♪きれいに焼けました☆

 

ココアバージョンも作りました。

 

冷ましてから息子にあげると笑顔で「うま~」って(^_^)ママもぱくぱく、息子もぱくぱく、、、。あっという間になくなりました(笑)

1人でちゃちゃっと作るのは楽だけど、子供と作るって時間はかかるけど楽しいね♪パパ帰宅後、写真を見せながら作業の様子を伝えると「いいね~」と言ってたので、今度はパパも誘って作ってみようと思います(*^_^*)

 

スキャモンの成長曲線って聞いたことがありますか?

小さなこどもはまだまだ体のいろいろなことが未熟です。体の成長はいつがピークなのでしょう。スキャモンは4つの発育分類をしていますが、①リンパ型(免疫系です)②神経系③一般型(身長や体重、筋肉や骨格です)④生殖型です。

この中で最もはやく成長していくのが神経系なのです。

神経系は誕生から5歳までに80%となり12歳頃にはほぼ100%になります。

・リンパ型は12歳頃、一般・生殖型は20歳頃がほぼ100%になります。

こう聞くと、神経系ってずいぶん速い段階で完成するんだなと思いますよね。

5歳までに体験したこと(遊んだこと、感じたことなど)がとっても大きく作用するんです。

ゲームで遊ぶことも楽しいしいいこともあるけど、やっぱり体をたくさん使って遊ぶことにはかなわそうです。体を使ってたくさん遊ぼう、の理由はここにありました。

 

æ, åæ, ãåéã¨, å­ä¾, 楽ãã, 幸ç¦, å­, ã¿ãã, ã°ã«ã¼ã, ä¸ç·ã«, 家æ, åå

私は別に発育を促したいからクッキーを作ったわけではない。作った後、たまたまこのことを知りました。(スキャモンのことはむか~しむかし、保健体育で習った記憶はあります)「おいしいクッキー焼けてよかったね、楽しかったね」なんだけど、そこにはクッキーを作るという楽しさ、わくわくどきどきした感情、ママの作業のマネをする、、、五感なども使うことができていたんだなと思いました。小さな子供だからこれをするにはまだ早いかなって思うことた~くさんあると思います。でも、失敗してもいい、それも経験だから、笑って楽しく一緒にやってみよう♪が大切なんだなって自分でやってて思いました(笑)私だけじゃない、きっとそんなふうに思ってるひといますよね(*^_^*)

子供はいつか親の手を離れていく。だからこそ、自分がしてこなかったことも含めていろ~んなことを一緒に経験したいな。

 

読んでいただきどうもありがとうございました☆