さっコソライフ

~札幌の子育て・おでかけ・お得情報~

洗濯物が臭い!原因と対処~部屋干ししなくても快適に干せる方法~

スポンサーリンク

本州は梅雨明けしましたね。おっちょこママの街もようやく太陽が見え暑くなりました。今日なんて気温30℃超えましたよ。天気は良くても湿度があり家の中は70%ほどあります。そのためエアコンの除湿モードを使い60%ほどにしています。ただの冷房だけではなんだか暑苦しいんですよね。湿度が改善するだけでとても快適になります。

今日は主婦の面倒な家事である(私だけ?笑)『洗濯』についてです。天気のいい日なら外干しして気持ちがいいですが、天気の悪い日の部屋干し、、、特にこの時期にすると一気に部屋がじめ~っとして気持ち悪いですよね。そこでおっちょこママのアイデアをここに書いちゃいます(^^)

 

ã©ã³ããªã¼, æã®ã©ã¤ã³, å¹²ã, ä¹¾ç¥, æ, ã¯ãªã¼ã³, æ´æµ, ç¹ç¶­, è¡£æå, 綿, è¡£æ, æ´æ¿¯

 

早く乾いて欲しい!そんなときは脱水を長めにする!

 

我が家では普段の脱水時間は7分ですが、部屋干しする時は12分でやっています。

タオルは乾きにくいので長めの方がいいですよ。大事な服などあれば途中で出すと傷まないです。

 

洗濯物は換気扇をまわし浴室に干す!

 

今まではこども部屋に物干しを置いて、除湿器をかけて干していました。でも、2歳になる息子が家中を走り回り(我が家は平屋のためどこへでも行けちゃう)除湿器や物干しに当たって怪我をしたり機械が壊れるのは避けたかったので、結果浴室に干すことに。でもそれが正解でした!今までどうして干してなかったんだろうっていうくらいいいですよ!洗濯機と浴室は隣同士で動線が短いし、浴室は24時間換気ができるし!干した後も部屋は全然湿度が上がらない。夜に干しても次の日の午前中には乾いています。すごいですよね!しかも、洗濯物が全然臭くない!部屋干しってどうしても独特な臭いするときあるじゃないですか、、、(-_-;)それがないんですよね~。素晴らしい!あ、干すときは換気扇回したままドアを開けてくださいね。閉めてしまうと浴室内の湿度こもっちゃって、そこで臭くなると思います。

我が家では浴室に突っ張り棒を2本設置し干しています。(なんでも置いてるからごちゃごちゃした浴室になっています(^_^;))ちなみに、スイマーバ2個、おもちゃのバックをかけています。おもちゃを下に置いておくと邪魔ですよね。それにいつまでもべちょべしょで不潔だし。なのでメッシュバックに入れてかけてます。そうすると水が切れて下に置いておくより清潔ですよ。あとは、突っ張り棒の上にベビーバスを置いています。使いたい時に下ろして使った後は戻す、みたいな。

 

 

洗濯物はアーチのように干すと乾きが早い!

 

上の写真ではうまくアーチになっていませんが(^_^;)普段は長いものは端で短いものは真ん中にかけて、真ん中に空気の通り道ができるようにしています。そうすると乾きが早いです。もし部屋干しするなら、同様にアーチのように干し、洗濯物の下に新聞を置くと湿気を吸って乾きやすいということも聞いたことがあります。

 

部屋干しや生乾きの時のあの臭いの原因と対処

 

ずばり『モラクセラ菌』です!緑膿菌などの菌の一種で雑巾のようなあの悪臭の菌です。ちなみに5年前に判明したそうですよ。そんな最近なんだ~。

モラクセラ菌は60℃以上のお湯で増殖しなくなるそうです。そのため洗濯物を高温のお湯につけてから洗う、洗濯後乾燥機をかける、ということで対処できます。でも、、、高温のお湯につける、乾燥機まわす、なんて面倒だしやけどしてしまう可能性がありますよね。そんなときは酸素系漂白剤を使っちゃいます。先日こどものよだれふきに使用していたハンカチがあの雑巾臭がしていた(;_;)このままではいかん!と思い、5分ほどミルトンにつけおきしてすすいでからから洗濯しました。ちなみに我が家は水でしか洗濯できないので、水で洗濯。それでもすっきり臭いが取れました。ミルトンだからこどもに使うのにも安心だし!

ææ´ãã§æ´æ¿¯ããã人ã®ã¤ã©ã¹ã

注意なのですが、漂白剤は50℃以上のお湯だと生地が傷む可能性がありますので気をつけましょう。それと、みなさん知っているかもしれませんが、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤は混ぜないようにしましょう。有毒ガスが発生し危険です!

 

少しは参考になりましたでしょうか!?(^^)

 

åæ¥èµ, è±, å¤, 空, é²

 

もう実践しているご家庭も多いとは思いますが、参考になれば☆

明日も30℃を超えるようなので朝からお布団干して、洗濯物も干して、太陽を有効活用するぞ~(*^_^*)

 

読んでいただきどうもありがとうございました!また次の記事も読んでくれると嬉しいです。それでは、また。