パパときどきナースマン~育休中~

育児・防災・ブログを主に

あおり運転防止対策にドラレコは意味がない?ドラレコステッカーを本気で勧める理由。

スポンサーリンク

こんにちわ訪問ありがとうございます。

 

あたたかくなり、ドライブも気持ちが良い季節になりましね。

ついついスピードを出したくなりますが、我慢してあおられない程度の運転を心がけている今日この頃です。

それでも、車間を詰められて嫌な思いをしたことは何回もあります。

2016年のあおり運転の件数は6,690件

そして軽自動車の70%はあおり運転の被害にあっています。

毎年、毎月のように「あおり運転」のニュースが流れていて、特に高速道路は怖いのでうちもついにドライブレコーダーをつけました。

これで安心ーって思ったんですが。

ひとつ疑問が発生したんです。

ドライブレコーダーにあおり運転を防止する効果があるのか??

犯罪者は「見られることを嫌う」と言われていて、愛知県刈谷市では街に防犯カメラ設置台数を増やし、刑法に触れる犯罪が「半減」したという報告もあります。

ところであなたは、あなたの前を走る車にドライブレコーダーが付いているかどうか、気付いたことはありますか??

私はありません。

車の正面に立てばカメラが付いていることはすぐわかりますが、あおり運転は後ろから。

私がドライブレコーダーをつけて安心したところで、後ろを走る車にドライブレコーダーの存在は伝わらない。

 

ということは、

カメラで見られていることによる、あおり運転の抑止力はまったく働いていないことになります。

ドライブレコーダーを設置しただけではカメラの「見える化」が行えていないことに気付きました。

けど、ドライブレコーダーが無意味なわけではありません。

あおり運転の証拠にはドライブレコーダーが有効

ドライブレコーダーは予防という意味よりは、もしあおり運転被害にあってしまったときの証拠として必要です。

動画、音声で残っていれば、犯罪者は言い逃れはできません。

他にも、事故の時の自分のスピードや信号を守っていたかどうかの証拠としても有効。

スポンサーリンク    

ドライブレコーダーステッカーでカメラの「見える化」を

犯罪抑止力、あおり運転防止のために「見える化」が本当に大切です。

自分だけじゃ無く、一緒に車に乗る、家族や友人のためにも、あおり運転にあわない、させないことがとても大切。

どうやって、ドラレコに気が付いて貰えるか考えた結果。

私はステッカーを貼ることにしました。

f:id:ryuputti:20190423221214j:plain

マグネットタイプで車の端に。小さい用ですが、結構目立ちます。

そして、赤ちゃんが居るので赤ちゃんステッカーも。

この赤ちゃんステッカーも「良心」への働きかけとしてかなり効果的なんです。

この2つのステッカーで

「カメラの見える化」

「良心への働きかけ」

2つの対策がとれました。

 

マグネットタイプなので、付け直しが簡単。黄色・黒・赤でしっかりと目立つ色合い。

あおり運転防止を考えると、目に付きやすい物を選ぶのが良いです。

 

おかげさまで、ここ最近は変に車間を詰められることもありませんよ。

 

基本的なあおり運転防止対策

  1. 自分も急ブレーキや車間距離に気を付ける

  2. 高速は追い越し車線を低速で走らないようにする

  3. 車線変更時はウインカーをあげる

  4. 割り込み運転をしない

そしてオリジナルな考え

  1. 77-77や00-01など、やる気がありそうな車のナンバーには注意。(個人的に少し怖い)

もしあおり運転にあってしまったらどうするか

  1. まずは道を譲ってみる
  2. ひろい路肩やパーキングがあればそこに入る
  3. 前に出られてしまったら、まず「ハザード」をつける
  4. 警察に電話する
  5. 鍵をかけて、絶対に降りない
  6. 車を停車する状況で、相手が降りてきたら「動画」を撮影。あからさまにやりすぎると、かえって興奮させることになるので注意。

ここでドライブレコーダーが効果を発揮します。